スポンサーリンク

弥彦de薬膳レストラン参加レポート編!

スポンサーリンク
弥彦
スポンサーリンク

マルシェ清左衛門さんで12月6日に行なわれた薬膳レストランにお呼ばれした様子をレポートにまとめます。

少しわかりにくいマルシェ清左ヱ門さんの場所は

駐車場は清左ヱ門の裏

裏手の砂利の敷いてある場所が駐車場です、そこからお庭を通って玄関まで行けるようになっています。

外の写真を撮り忘れましたので後ほど追加したいと思います。

玄関を入るとニャンコと猫ちぐらがお出迎え。

中は非常にしっかりした日本建築で居心地がいいです。

家具や調度品も非常に調和の取れたお部屋です

お客様も揃い高津もろみ先生がご挨拶

今日のメニューは

・食前ドリンク

柿酢ソーダ

・前菜

鮭白子の柿酢浸しの胡麻和え

もずくチーズライブレットと

薩摩芋のレモン煮松の実田楽

人参のグリーンレーズンラペ

・スープ

カボチャの豆乳ポタージュ胡桃和え

・中皿

葱白のスープ煮海鮮サラダ仕立て

・主菜

真鱈の紅花香り焼きヨモギオイルと

・飯物

蓮の実入り紅花ご飯

・香物

割干し大根の辛味漬け

・菓子

白いんげん豆の羊羹りゅうのひげ餡と

りんごのシナモン煮

キウイフルーツ

・お茶

紅花入り三年熟成番茶

でした。

まずは、急遽ザクロソーダから変更の柿酢ソーダと前菜です

私だけ物撮り用に頂いたドリンクはザクロソーダでした。

こちらが柿酢ソーダと前菜です。ソーダと割っているので飲みやすくなっていました。前菜で最も印象に残ったのはもずくチーズの乗ったライ麦パンです。

初めてもずくチーズをいただきましたが、もずくとチーズがあんなに合うなんて。あとは人参のグリーンレーズンラペは人参が苦手な方でも食べられる癖のないシャキシャキした食感が最高です。鮭の白子も初めて食べましたが、いい癖だけ残って美味しくいただきました。薩摩芋のレモン煮も松の実がいいアクセントになっていました。

お次はスープ、スープと言うよりシチューって感じの食べごたえのあるスープでした!

中皿の葱が繊維も強くヌルヌルしてるのに驚きました、これはしっかりと無農薬で育てた葱に見られるセレンと言うゼリー状の物質で炎症を抑えたりとこれから寒い季節にぴったりです。冷たかったので驚きましたが非常に美味しかったです。

お待ちかねのメイン!真鱈のムニエルの美味しさもそうなんですが、付け合せの人参が葉っぱから全て食べられるのが衝撃でした。主菜らしく食べごたえがありますが重くなくスっといただけました。

ご飯は、蓮の実がいいアクセントでGOOD!

香物はしゃっきり、ボリボリ言わせながらいただきました。ご飯に合う!

デザートはりゅうのひげ(岩室の食用菊)と白いんげん豆の羊羹が面白い食感でした。キウイフルーツの酸味もいいアクセント。りんごのシナモン煮でホッコリできました。

最後はお茶をいただきながら高津もろみ先生にメニューの説明をしていただきました。

体がポカポカして、この日降った雪に負けない体になっていたと思います。

最後に高津もろみ先生がメニューを説明していただいた動画を御覧ください。

弥彦de薬膳レストラン

いかかでしたでしょうか?少しでも薬膳に興味が出た方は、ぜひ薬膳教室に足を運んでみてください!

高津薬膳教室住所

〒950-2013 新潟県新潟市西区小針が丘3-22

お問い合わせ

薬膳教室電話番号:080-1002-3745

薬膳教室FAX:025-266-0418

高津もろみさんフェイスブック

髙津 もろみ
髙津 もろみさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、髙津 もろみさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

高津薬膳教室フェイスブック

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

マルシェ清左ヱ門HP

新潟県弥彦村で牛すじ煮込み/特別栽培米/伊弥彦米のことならマルシェ清左エ門
新潟弥彦で、水にこだわり作りあげた安心安全な特別栽培米の伊弥彦米の販売、地方発送も200年続いた農家が行っております。新潟県随一のパワースポット弥彦のシンボル大鳥居の近くにある地域交流できる観光施設です。東京から上越新幹線利用で2時間半、都会の喧騒から離れ、ゆっくりゆったりとした時間をお過ごし下さい。

メルマガ登録

メールマガジン会員募集 | 新潟県弥彦村で牛すじ煮込み/特別栽培米/伊弥彦米のことならマルシェ清左エ門
メルマガ登録&ご来店で、お米1合プレゼント🎁

コメント